iPadでgmailのIMAPを使用したとき、送信者がgmailアカウントになる問題

ipadのメールを起動する操作中

iPadを使い始めて1か月ほど立ちますが、メールは「@noaruseikatu.jp」のアカウントをgmailのIMAP経由で使用しています。複数デバイスでメールを共有するIMAPについては、過去の「外出先でも同じメールアドレスで送受信する方法 実践編」を参考にしてください。

「設定が出来た!」と安心して使っていると、問題点があると先日気付きました。以下は「xxx@noaruseikatu.jp」というメールアドレスを使っていると仮定しているとして、お話しします。

返信されてきたメールを見て焦りました。送信者が「xxx@noaruseikatu.jp」ではなく、経由だけにつかっている「xxx@gmail.com」のアドレスに!!!

周りの人に教えていないアドレスで送ってしまっていたのでびっくり! もちろん、gmailの送信者の設定は、送信者として使用したい「xxx@noaruseikatu.jp」のメールアドレスにしていました。

iPadでIMAPを使っている人は、自分にメールを送る形で、一度送信者が自分の普段使っているメールアドレスになっているかの確認をおすすめします。

結論としては、iPadのgmailメールアカウント設定を修正する必要があります。具体的な設定方法は以下の通り。

iPadでgmailのIMAPを使用したとき、送信者がgmailアカウントになることを解決する方法

1)iPadの「設定」>「メール/連絡先/カレンダー」>「アカウント」>「アカウントを追加」をクリック
iPad「設定」

2)ここでgmailではなく、その他を選択してください!(重要!)
iPadメールアカウント設定画面

3)「メールアカウント追加」をクリックしてください。
iPadで送受信のサーバー設定

4)gmailのIMAPの設定を行います。設定内容は画像下に表示します。「IMAPアカウント情報」の「アドレス」に使用したい送信に使いたいメールアドレスを複数入力します。
例えば、「xxx@noaruseikatu.jp」と「xxx@gmail.com」を送信メールアドレスに含めたい場合には、「xxx@noaruseikatu.jp,xxx@gmail.com」と設定します「,」で区切るのがポイントです。初期設定をしたいメールアドレスを最初に書きます。

gmailにおいて送信メールアドレスを設定する重要な画面

以上で、自分の普段使っているドメインのメールアドレスをつかって、gmail経由のメール送信が出来るようになります。最後に自分にメールを送信する形でテストをされることをお勧めします。

タグ: , ,

関連記事

コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ