販売士1級ハンドブック 1.小売業の類型 第4章

販売士1級ハンドブック 1.小売業の類型 第4章 店舗形態別小売業の課題と方向についての勉強メモ。このテキストは、以前の記事「販売士のおすすめテキスト、問題集」で紹介している、おすすめテキストのメモ。

第4章 店舗形態別小売業の課題と方向

第1節 専門店の課題と方向

1-1 ブランドエクイティ
p.74 ブランドエクイティ

1-3 デモクラティックとライフスタイルの変化への対応
p.76 独立系専門店が不調であり、専門チェーンは好調組が多い。
p.76 専門店業界が2極化傾向にある、2つの消費者市場の変化 の捉え方にある。その2つの要因を挙げる。
p.76 デモクラティック要因となっている、2つの拡大化現象を挙げる。
p.76 ライフスタイルの変化を2つ挙げる。

1-4 マーケティング&ソリューション型業態の確立
p.76 専門店と専業店(業種)
p.77 生涯顧客価値(LTV:Life Time Value)の創造

第2節 百貨店の課題と方向

2-1 構造的問題の認識
p.78 1960年代〜1980年代までの百貨店:「インキュベータ(孵化器)」の昨日、 「都市消費文化」の創造
p.78 マーケットシェアは、(  )%余りから(  )%を割り込む
p.78 百貨店の社会的役割を低下させた3要因を挙げる。

2-2 委託・返品制度への依存
p.79 百貨店業界の構造的な高コスト・低収益の主要因を説明しなさい。

2-3 委託・返品制度に依存する理由
p.80 買い取り制度は(  )%、委託返品制度は(  )%
p.81 問屋、メーカー側から見た委託・返品制度維持の理由を挙げなさい。

2-4 派遣社員制度
p.81 百貨店における派遣社員制度について説明をしなさい。

第3節 総合品ぞろえスーパー(スーパーストア)の課題と方向

3-1 モノ不足時代の販売システム
p.85 日本型GMS(General Merchandise Store)と元祖アメリカのGMS の違いを説明する。
p.86 百貨店とGMSとの違いを説明する。

3-2 スーパーストアへの転換
p.87 ストアブランド(SB)商品と プライベートブランド(PB)商品の違いを説明しなさい。
p.87 タイムセービング(買い物時間の節約)ニーズの阻害要因を内包

3-3 専門大型化小売業との比較
p.87 スーパーストアの業績がふるわない理由の1つに、低価格販売の専門大型小売業の台頭がある。

3-4 リスク・マーチャンダイジングの確立
p.88 リスク・マーチャンダイジング=返品をしない契約。百貨店、スーパー業界で使用。小売業商品開発、メーカー製造品の買い取りの2方法あり。

3-5 マーケティング志向へ
p.89 出血販促 から利益の取れるマーケティングへ
p.90 インストア・マーチャンダイジング(Instore Merchandising)

3-6 本格的スーパーストア化への課題
p.90 スーパーストアにおける経営上の課題は、(  )といえる。
p.92 3つのMにもとづく戦略的構造改革を説明。

第4節 スーパーマーケットの課題と方向

4-1 スーパーマーケットの類型
p.93 アメリカFMI(フードマーケティング協会)の分類に従い、SMの店舗形態を3分類しなさい。
p.93 日本と米国とでの「スーパーストア」の違いを説明しなさい。

4-2 業態としてのSM
p.95 日本のSMは(  [  ])の集合体であり、米国のSMは (  [  ])である。

4-3 食品ビジネスからフードサービス業へ
p.95 配置(ストア・アロケーション)
p.95 有力SMの多くは、食品と非食品(ノンフーズ)の取り扱い構成比が概ね(  )対(  )

4-4 カスタマーサービスの強化
p.96 ペリシャブル(perishable):生鮮食品部門

4-5 ワンストップコンビニエンスの機能強化
p.97 購買意欲を高める3つの「基本条件」と「5つのやすさ」を挙げなさい。(スピードとサービス性)
p.98 「ワンストップショッピング」から「ワンストップコンビニエンス」機能の実現

第5節 ホームセンターの課題と方向

5-1 機能の重複による業界再編成
p.99 伝統的HC(ホームセンター)の課題説明
p.99 ホームインプルーブメント(住宅関連設備)、代替業態(オルタナティヴ・フォーマット)
p.100 「DIYの概念と住宅関連商品」 の表を覚える
p.101 DIY(Do it yourself)、HI(Home Improvement)
p.101 (  )年にHCの日本での一号店、(  )が開業

5-2 HI、DIY、BIY領域への回帰
p.101 HCへの主たる来店目的を3つ挙げなさい。また、それぞれの特徴を挙げなさい。
p.101 BIY(Build It Yourself)
p.101 HCの2つの基本機能を説明。

第6節 ドラッグストアの課題と方向

6-1 ドラッグストアの店舗規模
p.105 ドラッグストア(DgS)の店舗面積の視点で分類し、説明。
p.106 ラインロビング手法
p.106 H&BCカテゴリーの販売比率を(  )%以上に高めることが難しくなり、別の店舗形態となってしまう。
p.106 DgSは総じて、(  )坪までの大きさに収斂されつつある。

6-2 商品構成から見たDgSの類型
p.106 DgSにとって重要なアソートメントの説明
p.107 アソートメント特性からみたDgSの基本類型4つを説明
p.107 郊外型市場で存続する確立が高い2つのDgS

6-3  専門性の強化
p.108 DgSの2極化について説明
p.108 競争の3層構造について説明
p.108 スペシャルティストア(専門小売業態)
p.109 均質に強化すべき8つの専門性を挙げ、説明しなさい。

6-4 専門型顧客サービスの構築
p.110 アメリカにおける(  )や(  )のようなDgSチェーン
p.111 「ドラッグストア業態発展の構図」を覚える

第7節 コンビニエンスストアの課題と方向

p.112 「コンビニエンスストアの便利性」を覚える

7-1 流通効用
p.113 「CVSシステム」について説明

7-2 システム経営
p.114 多品種少品目の単品在庫圧縮型
p.114  メーカー側、CVS側の流通革新について説明
p.114 製配販3層のコラボレーション(協働化)

7-3 流通効用の要素
p.115 CVSは一般に、半径500m程度を主たる商圏に
p.116 3つのリードタイムについて説明

7-4 コンビニ・プラスの新展開
p.117 ネイバーフッド・リテーリング 、コンビニ・プラス、グッドネイバーフッド・リテイリング(よきご近所のお店)

第8節 スーパーセンターの課題と方向

p.118 (  )年代後半にアメリカの(  )が開発したスーパーセンター(SuC)
p.118 SuCの独自の商品政策を説明。 品目は約(  )品目に膨れあがり、粗利益率は(  )%に抑制。
p.119 都市部への購買需要の流出に歯止めをかけられる業態はSuCが最有力
p.122 車で30分以内に(  )万人の人口があればルーラル立地でSuCは成立するといわれている。
p.123 エキスプレスゾーン(急行レジ)、グリーター

タグ:

関連記事

コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ